【ワキガだから子供を産みたくない】本当にそれで良いのですか?

ワキガだから子供を産みたくないという人は、実は結構多いです。
なぜなら、ワキガは遺伝によって起こる症状だからです。
だから、両親の片方、もしくは両方がワキガだった場合、子供にも遺伝する可能性が高くなります。

 

しかし、だからといって、子供を産まなくても良いのでしょうか。
確かに、自分がワキガでいじめられたり、好きな人から指摘されて傷ついたりした経験を
自分の子供にさせたくないという親心は分かります。
でも、敢えてこの言葉を使えば「そんな小さな理由で」大好きな子供諦めて本当に良いのですか?

 

ワキガは、脇に存在するアポクリン汗腺から出る汗が、雑菌によって分解されることで発生する症状です。
これは病気ではなく、体質によるものです。
もう一度言いますが、ワキガは病気ではなく、体質からくる症状なのです。

 

今は、ワキガを抑える方法、デオドラント製品がたくさんあります。
あなたはもちろん、これから生まれてくる子供にも、これから紹介するワキガ対策をすれば
もうワキガに怯える必要はありません。

 

ワキガ専用デオドラントクリームなら、汗と雑菌を抑え、その効果が長時間続きます。
肌が弱い人、デリケートな赤ちゃんにも使える優しいデオドラントクリームなので、安心してワキガ対策が行えます。
これを使うだけで、大好きな子供を諦めずに済みます。

子供のワキガ対策「クリアネオ」

▼▼▼クリアネオの詳細は、今すぐ↓をクリック▼▼▼

お子様のワキガ対策にクリアネオ

ワキガが遺伝したらいつから対策すれば良いか

もしワキガが自分の子供に遺伝してしまったら、いつから対策を行えば良いのか気になりますよね。
親として、当然の心配だと思います。
その子の体質にもよりますが、小さいうちはワキガの症状が現れることは少ないでしょう。

 

もっとも多くワキガ症状が出るのが、思春期になります。
体の成長とともに、ワキガ原因となるアポクリン汗腺の活動が活発化しますので、
そこから出る汗が雑菌によって分解されることで、臭いが発生します。

 

早い子で小学校高学年、男の子と女の子ならこの時期は女の子の方が多く発症します。
臭いの問題はデリケートなので、「イジメにあったらどうしよう」と心配になると思いますが、
ここで親が慌てて過剰反応しないよう注意してください。

 

なぜなら、親が過剰反応することで、返って傷つけてしまう場合があるからです。
まず、小学校低学年であれば、自分や友達の臭いなんて気にないので
問題ありませんが、やはり小学校高学年になってきたら、気を付けて見守ってあげてください。

 

本人が「あれ?自分って臭うかも??」と思った時期を見極めて、
さしく手を差し伸べてあげてください。
これはいつも子供を見ている親にしか出来ないことです。

 

その時に使ってほしいのが、ワキガ専用のデオドラントクリームになります。
肌が弱い人、デリケートな赤ちゃんにも使える優しいデオドラントクリームなので、安心してワキガ対策が行えます。
これを使うだけで、大好きな子供を諦めずに済みます。

子供のワキガ対策「クリアネオ」

▼▼▼クリアネオの詳細は、今すぐ↓をクリック▼▼▼

お子様のワキガ対策にクリアネオ